つわり.com

「つわり」の経験談 「歯磨き」に工夫をする

つわりの症状に悩まされている時、「歯磨きが本当に辛い…」と感じる人も多いのです。妊娠すると、「匂いに敏感になる」ということがありますね。また、「強い匂い」を嗅いだだけで吐き気がする場合もありますし、妊娠中の歯磨きには何かと気を遣うものです。実際、妊娠中に歯磨きが満足に出来なかったことで、虫歯になる人も多いのです。

私の知人の話ですが、やはり妊娠中にひどいつわりに悩まされ、一時期は歯磨きがほとんど出来なかったようです。しかし、歯を磨かないわけにはいきませんので、何とかして歯磨きに工夫を凝らそうとしました。

まず、「歯磨き粉」を使わずに、「ブラッシングだけをする」という方法を試してみました。これがなかなか良いアイデアだったそうです。この知人は、「吐きづわり」に悩んでいたのですが、「1回の食事量を少なくし、1日に何回も食べる」という対処法で克服していました。つまり、「常に口の中が汚れている」ということですね。したがって、たとえ歯磨き粉を使わなかったとしても、ブラッシングするだけでも大きく違うのです。おかげで、妊娠中によくある「虫歯」にもならずに出産を迎えることになりました。

また、「歯ブラシを小さいものに変える」という方法もオススメですよ。「吐きづわり」がひどくなると、「口に何かを入れるだけで気持ち悪い」ということもあります。この場合は、「口に入れても抵抗感がないもの=小さい歯ブラシ」で対処する方法があるんですね。さらに、最近では「匂いが強くない歯磨き粉」も発売されていますので、「妊娠中でも抵抗なく使える歯磨き粉」を探してみても良いでしょう。くれぐれも、「気持ち悪くなるから歯磨きはしない」ということは避けてください。妊娠中の歯磨きは、工夫次第でいくらでも克服できるものなのです。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 つわり.com All Rights Reserved.