つわり.com

「つわり」の経験談 食べ物の趣味が変わった!

「妊娠すると食べ物の好みが変わった」という人も多いでしょう。私の周りの友人・知人を見ていても、妊娠前とは明らかに「食べ物の好みが変わった」という人がたくさんいます。

まず、「甘いものに執着しなくなった」という人がいました。私の母親もそうだったらしいのですが、妊娠前は、甘いものに「目がなかった」のですが、妊娠してしばらくすると、「以前ほどは甘いものが欲しくなくなった」というのです。また、出産してもその好みは変わらず、今ではほとんど甘いものを口にしなくなっています。

また、「果物が好きになった」という人も多いですね。よく聞く話に、「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」と言いますが、妊娠中には、「匂いに敏感になる」という特徴もあります。この場合の「匂い」とは、油やタバコの匂いなどの、どちらかと言うと「臭い」という匂いのことを指しているんですね。それとは逆に、果物が持つ「爽やかな香り」は、妊娠中の女性に食欲を湧きたたせる効果があり、「果物なら吐く心配もなく食べられる」という安心感があるのです。

ということは、果物だけでなく、「爽やかで水分の多い食べ物」であれば、何も果物にこだわる必要はありません。たとえば「トマト」ですね。妊娠すると、「無性にトマトが好きになった」という人も多いのです。また、「ナス」も妊娠すると好きになる食べ物のランキング上位に来ています。ただし、昔からのことわざで、「秋ナスは嫁に食わせるな」というものがあります。これは、ナスには「体温を下げる効果」があるとされており、「体調を気遣っている」という意味があるのです。「ナスが体温を下げる」が本当かどうかは分かりませんが、「爽やかな香りを持ち、水分を多く含む食べ物」で吐き気対策をしても良いかもしれませんね。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 つわり.com All Rights Reserved.