つわり.com

「つわり」と食べ物 「食べたくなる」もの

妊娠してつわりの症状が出始めると、「食べ物の好みが変わる」ということがあります。女性の方には、「甘いものが大好き!」という人も多いと思いますが、妊娠すると、「甘いものに執着しなくなった」という人もいます。私の母親も、妊娠中は甘いものにまったく興味がなかったそうで、出産後もその好みは変わらず、今でも甘いものを食べている姿を見たことがありません(あくまでも私の母親の話ですが)。

さて、現在妊娠している皆さんにとって、他の妊婦さんが「好きになった食べ物」に興味はありませんか?そこで、妊娠して好きになった食べ物をいくつか紹介していきましょう。

まず、「トマト」や「レモン」ですね。トマトやレモンは、酸味を多く含んでおり、また水分も豊富であるため、「吐きづわり」に苦しんでいる人にとって「食べやすい食材」と言えるのです。また、「スイカ」や「リンゴ」、「ナシ」などの果物はもちろん、「ビタミンC飲料」も人気の上位に来ています。「ヨーグルト」も相変わらず人気ですし、やっぱり「酸味&水分」が大きなキーワードになりそうです。

上記のように「酸味&水分」を基準として「食べたくなるもの」を探せば、最もピッタリ来るものがありますね。そうです。「お酢」です。酸味はもちろん、水分そのものですので、妊婦さんが嫌いになるはずありません。実際、妊娠してから「お酢を飲むようになった」という人も多いんですね。

以前は、お店でも「米酢」しか見ませんでしたが、最近では「フルーツのお酢」など、じつにたくさんの酒類が販売されています。また、「飲みやすくしたお酢」もありますので、これらで「体調管理&つわり対策」をしてみるのも1つのアイデアでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 つわり.com All Rights Reserved.