つわり.com

「つわり」の基礎知識 「つわり」の症状

つわりの症状について勉強してみましょう。つわりには、大きく分けて3つの種類があります。「食べ物を受け付けない」という「吐きづわり」、また、それとは逆に、「常に何かを食べていないと落ち着かない」という「食べづわり」、さらに、ひどい眠気に襲われる「眠りづわり」というものもあります。

まず「吐きづわり」ですが、つわりの症状としてはこれが最も典型的な例です。「食の好み」の変化もありますが、「匂いの強い食べ物を受け付けなくなった」ということが多いですね。「セロリ」や「納豆」など、それまでは大好きだった食品でも、「匂いだけで吐き気がする」という症状のことです。また、吐き気だけでなく、食べた直後に全部「吐いてしまう」ということもあります。この症状がひどい場合は、「少しずつ、何回にも分けて食べる」などの方法を試してください。妊娠中は、胎児に栄養を送るためにも、食べることも立派な仕事の1つですしね。

一方、「食べづわり」ですが、これは体調的には「気分が悪くなる」ということがないため、症状としては「軽い方」だと言われています。しかし、だからと言って「何でもバクバク食べて良い」というわけではありません。ちゃんと栄養バランスを考えた食事を心がけてくださいね。

さらに「眠りづわり」ですが、この症状がひどい場合は、まず「車の運転」は避けるようにしておきましょう。病院に行っても、「車の運転は避けてください」と言われることがあるように、万が一の事態が起こらないとも限りませんしね。

つわりの克服法は色々ありますが、何よりも「あなたの症状は?」を知ることが大切なのです。その症状に合わせて、的確な対処法を見つけてこそ効果が期待できることを覚えておきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 つわり.com All Rights Reserved.